October 1, 2014
yamayoezokkuma:

onipro:

 ノルウェーで視聴率20%! 話題の「薪が燃えている映像」


インテリアに最適です

yamayoezokkuma:

onipro:

 ノルウェーで視聴率20%! 話題の「薪が燃えている映像」

インテリアに最適です

(via petapeta)

October 1, 2014
"

1963年7月7日阪急戦で米田哲也と対戦した際、自分の身体の動きが寸分の狂いも無く認識でき、次はどのコースにどんな球が来るのか手に取るように分かるという奇妙な感覚を体験している。この際に榎本は心身共にかつてない充実感を覚え、投手とのタイミングという概念が無用になるほどの極限の集中力を常に発揮出来たという。8月1日東映戦で足を捻挫し、以降の7試合を欠場するまでこの状態が続き、アウトになった打球も全てバットの芯で捉えた完璧な当たりだった。後年、榎本はこの時の様子を、「野球の神様から“神の域”に到達する機会を与えていただいたんですよ」、「“神の域”にいかせていただきました」と語っている。この期間は19試合(ダブルヘッダーを4回含む)で打率.411(73打数30安打)を記録しており、特に15日以降の11試合の打率は.558(43打数24安打)である[26]

この時の経験は後年に詳細に語っており、「臍下丹田に、自分のバッティングフォームが映るようになったんです。ちょうどタライに張った水に、お月さんがきれいに映る感じ。寸分の狂いもなく、自分の姿が映って、どんなふうに動いているのかまでよくわかった。ボールがバットに当たった瞬間から、バットに乗っていくところもよくわかった」、「すると、どんなボールに対しても、自分の思い通りに打てちゃう。それまでは、タイミングは合った、狂ったと一喜一憂してたけど、この時期は相手とのタイミングがなくなったんですよ。最初からタイミングがないから、タイミングも狂わない。だから、打席で迷うこともなくなったんです」、「本当に夢を見てる状態で周りの動きがスローになった。プロに入ってから、バッティングの事ばかりでテレビを見ても心から笑った事がなかったんですが、初めて心から笑えたんですね」と述べている[18]

また、「それまでは、いくら自然体をつくり、そこへ魂を吹き込んでバッターボックスに立っても、結局『バッティングでいちばん大切なのはタイミングだ』という思いを捨てきれなかったんです。だから、ヒットを打ったり打ち損じたりするたびに、タイミングが合った、狂ったと一喜一憂してた。しかし、臍下丹田に自分のバッティングフォームが映るようになると、ピッチャーとのタイミングがなくなってしまった」、「ピッチャーの投げたボールが、指先から離れた瞬間からはっきりわかる。こっちは余裕を持ってボールを待ち、余裕を持ってジャストミートすることが出来た。だからタイミングなんてなくなっちゃったんです。最初からないから、タイミングが狂わなくなったんですね」、「自分の脳裡に自分のバッティングの姿がよく映るんです。 目でボールを見るんじゃなくて、臍下丹田でボールを捉えているから、どんな速い球でもゆるい球でも精神的にゆっくりバットを振っても間に合うんです。ちょうど夢を見ている状態で打ち終わる。その姿ははっきり脳裡に映っていながら、打ち終わるとスッと夢から覚めて我にかえって走りだす、そのようなところまでいかせていただきました」とも語っている[11]

1963年シーズンはリーグ2位の打率.318だった。この数字について「数字は悪いかもしれませんが、内容は良かったんです。その頃、ただヒットが打てればいい、タイミングが合ってヒットになればいい、という段階ではどうしても満足できなくなっちゃったんですね」、「納得のいく、1足す1は2というような方程式がピシッと立つようなバッティングが欲しくなって、稽古に稽古を重ねていたら、ある日、無意識のうちにそれができたんです。無心のうちの動きですから、ご飯を食べてるのと同じです。もう、パカーッ、パカーッといくらでも打てました」と語っている[11]。またこの体験中の期間である7月23日のオールスターゲーム第2戦では、1回裏に右翼スタンドへオールスター史上初となる満塁本塁打を放った[27]。榎本は同試合の第3打席でも右翼へのソロ本塁打を放っており、5打点を記録している。

1963年8月1日、守備時に一塁ゴロを捕球して一塁ベースへ駆け込んだ際、左足を捻挫して欠場した。榎本は10日の試合から復帰したが、7月7日から始まった一連の感覚を失っていることに気づいた。この際、榎本は強烈なショックを受け、絶望に打ちひしがれた。その後号泣し、成績も落ちていったという。一時は数字こそ持ち直したものの、球場から家までずっと泣きながら帰ることがしばしばあった。以降、2度と“神の域”の境地には踏み込めなくなり、苦悩の連続でしかなくなったという[11]

"

榎本喜八 - Wikipedia (via petapeta)

(via petapeta)

September 25, 2014
tumbledupinblue:

仏さまのハンドサイン | 日日是好日 | 彼岸寺

tumbledupinblue:

仏さまのハンドサイン | 日日是好日 | 彼岸寺

(via extramegane)

September 24, 2014
nihongo:


Tumblrユーザーボイス: 東京都在住・伊藤洋志さん(35歳)。
今回のインタビューはネット上で見かけたことのある人もたくさんいるかもしれません、『ナリワイをつくる: 人生を盗まれない働き方』の著者、伊藤洋志さんです。最近ではいわゆる普通の、都市部で企業に就職しバリバリ仕事をして、かろうじて休日だけ家族や友達との時間を持てる、という現代のライフスタイルに疑問を呈し、自然豊かな地方の小さな市町村へ移住してスローライフを実現したり、ユニークなプロジェクトや事業を始めたりする人の話を頻繁に聞くようになりました。伊藤さんは大学の研究で昔の人々の生活を調べたときに、古来の人々が複業で生計を立てていて、自分で家を建てる人も多かったと知り、そういった生活の歴史の方が長いのでその方が人間に合った生活の仕方なのではないかと思い始めたそうです。その後ご自身の個人的な理由もあって、2007年から複数の小さな仕事=ナリワイを1年を通していろいろとやってみる「実験」を始められました。
伊藤さんのおっしゃるナリワイとは、「個人が少ない元手と多少の特訓で始められて、やればやるほど頭と体が鍛えられて技が身につき、ついでに仲間が増える仕事のこと」。伊藤さんの現在のナリワイは、執筆業の他、シェアハウス/シェアアトリエの運営、京都の一棟貸し宿の運営、年に2回行っている「モンゴル武者修行ツアー」、毎年6月だけの梅の実収穫・販売、実に面白い活動内容のブロック塀ハンマー解体協会/全国床張り協会など。 (なんと和歌山のシェアハウスは、以前Tumblrでもインタビューさせていただいた、ギークハウスのPhaさんとの共同運営だということです) その様々な活動状況を、ご自分のブログ「ナリワイをつくる」にアップされています。
このナリワイ生活を5年間続けてみて、「かなり面白いし、他の人にもお勧めしたい」と思い前述の本を書かれたそうですが、その後も精力的に楽しみながら新しいナリワイをつくり出している伊藤さんに、お話を伺いました。

 - ナリワイという考え方について伊藤さんが特に強調したいことは何ですか? 
ナリワイに関して言うと、仕事は自給できるというのが重要です。基本的に「仕事を探す」というと「雇用を探す」という意味に捉えられがちですが、「自力で仕事をつくりだす」のはそんなに極度の頑張りや大きな資金調達がなくてもできる、ということを申し上げたいと思います。
Read More

nihongo:

Tumblrユーザーボイス: 東京都在住・伊藤洋志さん(35歳)。

今回のインタビューはネット上で見かけたことのある人もたくさんいるかもしれません、『ナリワイをつくる: 人生を盗まれない働き方』の著者、伊藤洋志さんです。最近ではいわゆる普通の、都市部で企業に就職しバリバリ仕事をして、かろうじて休日だけ家族や友達との時間を持てる、という現代のライフスタイルに疑問を呈し、自然豊かな地方の小さな市町村へ移住してスローライフを実現したり、ユニークなプロジェクトや事業を始めたりする人の話を頻繁に聞くようになりました。伊藤さんは大学の研究で昔の人々の生活を調べたときに、古来の人々が複業で生計を立てていて、自分で家を建てる人も多かったと知り、そういった生活の歴史の方が長いのでその方が人間に合った生活の仕方なのではないかと思い始めたそうです。その後ご自身の個人的な理由もあって、2007年から複数の小さな仕事=ナリワイを1年を通していろいろとやってみる「実験」を始められました。

伊藤さんのおっしゃるナリワイとは、「個人が少ない元手と多少の特訓で始められて、やればやるほど頭と体が鍛えられて技が身につき、ついでに仲間が増える仕事のこと」。伊藤さんの現在のナリワイは、執筆業の他、シェアハウス/シェアアトリエの運営、京都の一棟貸し宿の運営、年に2回行っている「モンゴル武者修行ツアー」、毎年6月だけの梅の実収穫・販売、実に面白い活動内容のブロック塀ハンマー解体協会/全国床張り協会など。 (なんと和歌山のシェアハウスは、以前Tumblrでもインタビューさせていただいた、ギークハウスのPhaさんとの共同運営だということです) その様々な活動状況を、ご自分のブログ「ナリワイをつくる」にアップされています。

このナリワイ生活を5年間続けてみて、「かなり面白いし、他の人にもお勧めしたい」と思い前述の本を書かれたそうですが、その後も精力的に楽しみながら新しいナリワイをつくり出している伊藤さんに、お話を伺いました。

 - ナリワイという考え方について伊藤さんが特に強調したいことは何ですか? 

ナリワイに関して言うと、仕事は自給できるというのが重要です。基本的に「仕事を探す」というと「雇用を探す」という意味に捉えられがちですが、「自力で仕事をつくりだす」のはそんなに極度の頑張りや大きな資金調達がなくてもできる、ということを申し上げたいと思います。

Read More

September 21, 2014

(Source: kininaruarekore, via shimobayashi)

September 18, 2014
tsukamoto:

通して読むと、種を仕込んだおかげで、あたかも丁寧にストーリーが組まれた話かのように見える流れが出来上がる。オチがちゃんと落ちる。書きたいシーンしか書かなくていい。すごくラク!!

(Twitter / かすりから)

あ、セミナー資料作るときがこんな感じだ。重要なのは3番目で、並び替えと仕込みをしていると、ちゃんとセミナー全体の筋が通る。

実際のところ、あらかじめ起承転結を練って作る人ばかりではないだろう。オチが決まってて(あたえられた課題や結論があって)、かき集めた説明ネタをスライドにしてという、この書き方の2番目までの進め方をしている人も多いと思う。ただ、そこで3番目、4番目のステップをするか、そのまま雑然と並べたスライドで終わりにするかで、差がつくことがありそうな気がする。

tsukamoto:

通して読むと、種を仕込んだおかげで、あたかも丁寧にストーリーが組まれた話かのように見える流れが出来上がる。オチがちゃんと落ちる。書きたいシーンしか書かなくていい。すごくラク!!

(Twitter / かすりから)

あ、セミナー資料作るときがこんな感じだ。重要なのは3番目で、並び替えと仕込みをしていると、ちゃんとセミナー全体の筋が通る。

実際のところ、あらかじめ起承転結を練って作る人ばかりではないだろう。オチが決まってて(あたえられた課題や結論があって)、かき集めた説明ネタをスライドにしてという、この書き方の2番目までの進め方をしている人も多いと思う。ただ、そこで3番目、4番目のステップをするか、そのまま雑然と並べたスライドで終わりにするかで、差がつくことがありそうな気がする。

(via rioysd)

September 14, 2014
"これからの遠い未来にどれだけ科学が発達していたとしても、役に立たないことを一生懸命にやる世界が残っていればそこには人間の幸せな居場所があるにちがいない。"

南極点のピアピア動画 / 野尻 抱介 (via ebook-q)

(via zaiga)

September 14, 2014
"

数年来フリーズ脳対策として個人的に心がけていることとして、

1 企画の発想はパソコンを使わず紙の上に書いていく
2 仕事中に社内を歩き回るか外を散歩して考えをまとめる
3 情報収集ではネットサーフィンは最小限にして本を読む
4 誰かをランチに誘ってややこしい問題を人に簡単に説明する
5 真面目な会議でもなるべく人を笑わせるよう努力する

がある。この本を読む限りではだいたい方向性は間違ってなかったようだ。

"

情報考学 Passion For The Future (via yangoku) (via toratorazero) (via proto-jp) (via gkojay) (via hetmek) (via deli-hell-me)

September 12, 2014
"いやーウシジマくん面白いよね。貧困の殺伐とした感じがよく出てるよね。ああいうの社会学で描けないよね。貧困とか差別とかストレートにエスノグラフィーで書いちゃうと「カテゴリー化」とか言われるので、嘘でも抵抗とかコミュニティの連帯とか人々のたくましさとかっていうオチにしないとダメなのよね。でも貧困って殺伐とするもんなんだけどね、本当はね。俺は知ってるんだよ(笑)。そーいや昔 Social Problems でそんな論文あったなあ。ヒスパニックの移民社会の参与観察で、コミュニティ万歳のよくある研究を批判して、ヒスパニック社会の「カネの切れ目が縁の切れ目」な事例を山ほど集めて、「お前ら移民社会がゲマインシャフトだとか共同体だとか一次集団だとか連帯だとかきれいごとばっかり言いやがって、エスニック・マイノリティの社会も結局カネなんだよ!」っていう論文。俺にとってはめちゃめちゃ面白かったけど、書いた人の名前をそのあと見ない(笑)。"

sociologbook | 2008/02 (via yuco) (via otsune) (via saitamanodoruji) (via yaruo) (via deli-hell-me)

September 11, 2014
"#ShogiLive 森下卓九段>携帯中継の記者の方のご要望もありましたので、私が一番感銘を受けた米長語録を。「スランプとは、長所の伸び過ぎで全体のバランスが崩れている状態のことをいう。それ以外は、単に弱いか、努力不足なだけだ」。"

Twitter / shogi_mobile (via kogumarecord)

(via deli-hell-me)

Liked posts on Tumblr: More liked posts »